life with rabbit

1997年春生まれのミニうさぎ・パピーの思い出と、 2006年秋にお迎えしたぱふぃちゃん&みおたんとの記録、2014年3月にお迎えした まひなとの日常を綴っています。 楽しくて、嬉しくて、でも切なくもある私とうさ嬢たちとの記録です。

2012年05月

えらい

一昨日、海音の病院に行ってきた。
ほっぺのぷっくりはあと2 ~3日で破裂するとの事で
膿取りはしなかった。
んー、明日には破裂するかな…。
今までで一番ぷっくり膨らんで、てっぺんは大きな血豆みたいな
色をしてる(;´Д`)

もうチモシー食べれない。
5日前くらいから葉っぱもふやかしペレも食べる量が減っていたけど、
パフィーが前に食べていた美味しそうなペレをふやかして
あげたら、喜んで食べた!

パフィー、前はたまにペレットの選り好みをして、バニセレを
食べなくなる事があったっけ。
懐かしいな…。
徐々にバニセレに戻すため、美味しいペレにバニセレを
混ぜてあげてた。

みおたんはそんな事なかったけど、本調子じゃないので
バニセレシニアは嫌なんだね。
病院の帰りにうさ専門ショップで、食べれない子の爲の
流動食の作り方を教えてもらったので、帰ってから早速
お団子を作ったけど全くダメ。
流動食にしたら、もう大変な事になった。
すごいバカ力です(笑)
ぱぴちゃんどころじゃない。。

昨日は猫の草(?)を久しぶりに買ってきた。
嬉しそうに爆食しました。
今朝の葉っぱとふやかしペレも、帰ってきたら完食してた。
夕飯はペレは食べれたけど、葉っぱはNG。

でも偉いね。みおたん
もう酸素室も返却して、部屋で放してあげれるようになった。
トイレもちゃんとしてる。
ケージがトイレになっていた、問題児みおたんがいい子になっちゃった。
片づけが楽だからありがたいけど、なんか寂しいような。。。
問題児みおたんと優等生ぱふぃちゃんのコンビが懐かしい。

本当に頑張り屋さんなんだね。みおたん。
早くぷっくりが破裂しますように…。
抜歯した歯茎がちゃんとふさがりますように。

左目はぱっちり、キラキラしてる。

DSC_0075

















































DSC_0076

















































数時間後は完食!

DSC_0077







海音

みおたんはまたこの数日で食べれなくなってきた。
19日に病院で注射と点滴をしてもらったけど、膿取りはしなくて
大丈夫だった。
鼻のてっぺん近くの膿袋は治まった様子。
次は2週間後との事だったけど、この数日でほっぺがパンパンに
腫れてしまったので、2週間待たずに病院へ行く予定。

13日に膿瘍の原因の奥歯2本を抜いてもらって、
膿取りもしてもらったので、先生は
「今回期待してね!」と言ってた。
それからしばらくは変わらなかったのですが、
19日過ぎたらふやかしペレも乳酸菌タブレットの柔らかいものも
食べれるようになった!
最近乾燥フルーツをあげてみたら、走って寄ってくるようになった(^∀^)

こんな感じで調子良かったけど、やっぱり膿はどんどん溜まってしまう。

ペニシリンの効き目はあまり出ていないのかもです。
先生は最近、他のうさちゃんにもペニシリンを使ってみてるそうです。
でもどの子も反応はまだイマイチみたい。
ただ、副作用の件は特には問題なさそうです。

先生はペニシリンを使ったことに対して
「実験みたいにしちゃってごめんね」と。
実際はペニシリンを使っているお友達の獣医さんに様子を聞いてくれたり、
病院のうさちゃんで試してくれて、何も問題なかったということで
うちの海音もお願いしたんだから、全然「ごめんね」ではないんです。

海音は本当に頑張り屋さんです。
膿取りや抜歯の途中で、「ちょっと休憩ね!」と先生は海音を
抱っこしてくれる。
そうすると、みおたんは先生の胸にしがみついておとなしくしてる。
先生 「おまえは本当にタフだな(^‐^)」って。
処置が終わって、キャリーに入れると、ひょこん!とお顔を出して
先生を見る(笑)
先生 「こんだけの事されてるのにこれだよ(笑)」って笑う(笑)
前回は「ありがとうね!」って。
たぶん、怖くて痛い治療なのに、頑張ってくれてありがとうね!の意味なんだと
思った。嬉しくて涙出そうでした。
「ありがとう」はこっちのセリフなのに

部屋に出してあげると、パフィーのご飯を食べる。
そして、ケージの中を見つめる事もある。
もしかして、まだパフィーはうちに居てくれるのかな?
それとも、たまに様子見に来てくれてるのかな?
まるで、みおたんにはパフィーが見えてお話ししてるみたい。。。

DSC_0054

また

眠れない。

「パフィーちゃんがこうなったのも
何か意味があるんだよ。」
って何度か違う人に言われた。

私もきっとそうだと思ってる。
だけど、こんなに辛いなら出会えない方が
良かった、とも思ったり。
全部なかった事にしたい、とか。



こうして文字にしてみたら、やっぱり違うって
思ったり。
パフィーは太く短く生きたね。
あんなに小さな体で、私にいっぱい愛情をくれた。
パフィーってすごい子。

運命は変えられないって、この間言われたけど、
私は変えられると思う。
私がパフィーの運命を変えちゃった。

「会うは別れのはじめなり」
ってお客様が教えてくれた。
「昔の人はうまいこと言ったね」って。
なんか辛いね。
いろんな別れがあるけど、死に別れは一番辛い。


ぱふぃが亡くなって間もなく、妹に
「パフィーと同じところに行きたい」って言った。
妹は
「そしたらぱふぃちゃんが戻ってくる場所がないよ」って。
それより、みおたんどうしよう、迷惑掛けちゃうけど、
Sちゃんにお願いしようと思った。

今は冷静になったから、どうしてあんな風に
思ったのか考えた。
ただ、ぱふぃと一緒に居たい気持ちと辛い感情から
逃げたかったからだと思う。
全部無くしたかった。

パピー時代からの尊敬してるうさ友さんのうさちゃんが
亡くなった時、私と同じような事を言ってたのを
思い出した。
その時は何てこと言うんだろう、そんなことしたら
亡くなったうさちゃんが悲しむよ、と思った。
人って同じような気持ちにならないと
相手の気持ちは理解できないんだなと思う。

心理学的に、涙は流した方がいいみたい。

気持ちは吐き出せってこの間言われた。

そしたら早く楽になれるのかな。
ぱぴちゃんの時は、5年経った去年の命日、
気づいたら、涙はでなくなってた。
やっと楽しかった思い出の方が大きくなったんだ、と
思った。お嬢たちが居てくれるからかな、とも。

いつかそうなれるのかな。
歳は取りたくないけど、何年も経って欲しい。
でも本当は4ヶ月以上前に戻りたいな。


眠れない

なんでかな、全然眠れない。

みおたんは2日前くらいからくしゃみが
治まってきた。
いつも私がウトウトしてると、くしゃみ連発して
可哀想なくらいだった。
起きて鼻掃除しなくちゃ、と思いながら
最近は起きれなくて寝ちゃったこともあったのに
なんでこんなに眠くないの~?

みおたんがふやかしペレを食べれるようになったら
だいぶ楽なんだけど。
日曜日に抜歯できたから、先生は笑顔で
「期待してね!」って言ってくれた。
まだダメだなあ。
でもほっぺの膿はあまり大きくなっていないし、
鼻の頭にできた膿袋は膿取りしてもらってから
ぺったんこ!

でも元気ないな。
性格変わっちゃったかのよう。
急に老けちゃったし(;_;)
相棒がいないから?
パピーは膿瘍でももっと元気で活動的だったけど。


ぱふぃちゃんにはスイトピーとかチューリップが
似合うんだけど、もう売ってないから
最近ずっとカーネーションと薔薇です。
なんとなく淡いピンクと黄色の小さい薔薇なら
似合う気がしてきた(^-^)

DSC_0039


もうフルで働く気力がなくなってしまった。
いつもいっぱいいっぱい。
せめてみおたんの膿が鼻から出ないようになって、
自力で全部食べれるようにならないかな。

そしたら…ぱふぃちゃん探しする。
セラピーの先生が言ってたみたいに
パフィーの大好物、好きなもの、いつもパフィーの
居場所にあるからね。

「あの子」

ぱふぃーを「あの子」って書くのは
なんでだろう?
一回目の返信から気になっていて、
次の返信はどうだろう?と思っていたら、
また「あの子」だった。

失礼だよね。
私にとっては大事なパフィーを「あの子」呼ばわり
するなんて。
後ろめたさがあるからじゃないの?
なぜ普通に「パフィーちゃん」と書けないんだろう?
「海音ちゃん」「りんちゃん」とは書いてるのに。

例えば、あまり良く思っていない会社の上司を
「あの人」って呼んだり、友達でも「あの子ってさー」
みたいに言う事はあるけど。

変なの。

自分のミスを認めない事は良く分かった。
人間の医者もそうだから、ってみんな言ってる。
ただね、あの直後に言っちゃってるんだから。
「きゃあきゃあ」鳴いた後、異物が詰まったことしか
原因としては言ってないんだから。
かなり焦った様子だったから、言い訳なんて
思い付かなかったのでしょう。
結局、ミスを認めないだけで、本人はミスを
分かっているのだから。


ワード文章に計16枚程、折り返し連絡しなかった理由と
死因について書いて頂いています。
それでも私からの質問の一部にしか答えられて
いません。
絶対に確認したいいくつかの質問には必ず答えてもらいます。

記事検索
livedoor プロフィール
月別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ