life with rabbit

1997年春生まれのミニうさぎ・パピーの思い出と、 2006年秋にお迎えしたぱふぃちゃん&みおたんとの記録、2014年3月にお迎えした まひなとの日常を綴っています。 楽しくて、嬉しくて、でも切なくもある私とうさ嬢たちとの記録です。

2012年07月

プリンペラン

練馬の先生のプリンペランとペリアクチンは
すっごく効きます!
近所の先生に同じのを出してもらえれば楽なので、
練馬の病院に電話して、製薬会社情報をgetした

近所の先生のところでは違う会社のプリンペランだったので、
もし頼むとしたら、私が500mlの瓶を購入するしかない
単純計算して4ヵ月分!

まずは近所の先生のプリンペランで様子を見て、
みおたんの反応を見る事にしました。
ペリアクチンは同じ会社のものだったので良かった。

プリペリは私にとってはお守りみたいなものになってる。
実際、みおたんに効いてるのかももうわかんない。

昨日今日はふやかしペレ食べれてる。
今日はチンゲン菜は食べれない。
途中まで食べて食いちぎれなくて諦めちゃうのか
端の方だけ食べて、あとは残してる。

下顎もぷっくりだし。
鼻筋と目頭はうちで膿取りしても出てきてくれないし。
また目からも膿が出てきた。

部屋に出ている時はいつも私にくっついてる。
もうぱふぃちゃんの木のおうちやケージには遊びに
行かないし。
気力がなくなってるのかな。

今日は特にすごく辛そう。

うさぎ男子

目から膿が出なくなった!
今朝はもう目頭の上が膨らんでいたから、
夕方に穴開けて膿を絞り出して洗浄した。
明日もまた溜まっちゃうのかな。

鼻筋はイマイチ。
皮膚は切れてるけど、膿袋の膜が切れてない感じ。
先生に針で穴を開けるように言われたので
楊枝じゃなくて針でやってみたけどダメだー。

先生は「海音さん」が定着したみたい。
「みおたん」とは言ってくれないなあ。

診察中にみおたんの頭をなでなでしながら
「よしよし」とか「強いね。いい子いい子」とか
「あ、ごめんね」とか、みおたんがイヤイヤって
すると「やんなっちゃった?!疲れちゃった?!」
って話し掛けてる(^-^)
ワントーン高い声で、赤ちゃん言葉に近い感じで(笑)

本物のうさぎ男子だと思う♪

もうヤダ。いい加減にして欲しい。

ここに書くのは忘れてたけど、10日前くらいから目やにが出てると
思っていたら、先生は目からも膿が出てきたと言ってた。
それから目から出る膿の量が増えてる。

やっぱり10日前くらいだったか、右の下顎の辺りに
ぷっくりした小さな膿袋みたいのがあった。
前回、近所の先生に伝えるのを忘れしまっていて、
今日先生に確認してもらった。
やっぱり膿瘍だった。
もしかして喉なのかな?と思ったけど、先生は下顎だって言ってた。
もし喉に膿瘍が出来てしまったら、ほとんど口で呼吸している
みおたんは本当に窒息しちゃう。
やな予感だけど、いつかは喉に転移してしまうのかもしれない。

ふやかしペレを食べれなくなってしまったのは
下顎の膿瘍のせいかもしれないね。
先生も「そうかもしれない」と言ってた。

もう本当にいい加減にしてほしい!
膿瘍って本当に嫌な病気!
あんなにチモシーをモリモリ食べる子だったのに。
みおたんが太ってるのはチモシー食べすぎてるからだとまで
思っていたくらいに、チモシー大好きだったのに。

なんで不正交合になっちゃったんだろう。
みおたんの兄弟も何人か不正交合の子が居たみたいなので、
遺伝なのかな?
噛みあわせが悪いとか、噛み癖があったのか分からないけど。
もう本当にいや!

こんなに長い間頑張ってるのに。
また徐々に喉までいってしまっても、みおたんは頑張り屋さんだから、
きっとまだ頑張ってくれると思うけど、もういい加減可哀想。
徐々に何週間も何ヶ月も掛けて苦しめるなら、数分で来てほしい。
もっと一緒に居たいけど、みおたんは苦しくて辛い。
あんなに右顔が腫れあがっていたら、きっと頭もズキズキしてると
思う。
口の中も痛い。
目が飛び出てきてるから、神経を引っ張られて目の奥も痛い。


今日、先生はご機嫌だった。ほっとした。
早めにすすきのに行って、カルテなり薬の成分なりを
教えてもらって、近所の先生に確認してもらう事になった。
培養検査も今日お願いして、結果が出たら抗生剤を見直す。
レントゲンは案の定、撮ったとしても今の治療方針を
変える事はないと言われた。
なのでレントゲンはやめた。

遠くの先生ならレントゲンは絶対撮るだろうし、何か方法を
考えてもらえるのかもしれないと思った。

抗生剤を変えて、少しでも状態が良くなったら連れて行きたいけど
昨日とはもう考えが変わって、やっぱり無理かもしれないと思った。

また鼻筋の膿は出てこなかった。
昨日の朝も出てこなかったので、治まってるのかな?
目頭の下の膿袋もふくらんでないので、切開しなかった。
その代わり、目頭の上のぷっくりした膿瘍が大きくなってきたので、
ガッツリ切開した。
硬い膿が出てきたけど、顔中が傷だらけで痛々しい。
写メも撮れない・・・。

帰ってきてから少しの間、酸素室のトイレで苦しそうに
ぼーっとしてたみおたん。
首が右に傾いてた。
すごく心配だった。
でも、その後は葉っぱを食べ始めた。
ムキになって頑張って食べてた。
今も首が右に傾いてる。大丈夫かな・・・。
切開したところが痛いのかな。

しばらくしたら、またガシガシしたので部屋に出してあげた。
あまり長く部屋に居ると心配なので、今夜はわりとすぐに
酸素室に戻してるけど、数分したらガシガシして、また出してあげて、と
何度か繰り返した。

体重はキープしていて、1.96kgだった。
葉っぱ食べれるようになったからだね。
それだけは良かった。
ドロドロご飯は相変わらず嫌がる。
うちで膿袋を洗浄する事よりも嫌みたい。
先生は笑ってたけど(^_^;
はちみつ入れて美味しく作ってるんだけど、
無理やり口に入れられるのが嫌なのかな。

病院

まだ検索キーワードのランキング3位が
「○ち動物病院 医療ミス」になってる。
よほど暇なのかな??
身から出た錆です。
ショック状態(チェーンストークス呼吸)になってしまったのは、
鼻からチューブを通す処置がパフィーには無理があったって事です。
症例として、しかるべきところに挙げておくべき事だと思う。

ちなみに1位、2位は関西と関東神奈川のうさぎの里親募集。
これは以前からそうなんです。



先日、遠くの病院に行って海音の相談をしてきた。
海音は連れていかずに、何か他に治療方法や試す価値のある薬が
あるかどうか聞く為でした。
院長先生は不在で一瞬不安になったけど、担当してくださった
女性の先生もすごくいい先生で頼りになりました。

膿瘍だった子のレントゲンを見せてくれて、その後どうだったか等
説明してくださった。

その病院にお願いしたかった培養検査について。
6月に検査した時は緑膿菌で、その時はもう効く薬はないと言われた。
でも、他の膿瘍の子たちの検査結果を見せてくれて、
いくつかは効く薬があるかもしれないとの事だった。
実際、緑膿菌だった子たちにも効くとされている薬の名前が
検査用紙に載ってた。
6月の時はどんな検査結果の用紙だったのか、どこまでの検査だったのか
良く覚えてないけど。

治療は実際に海音を見てみないと分からないし、
レントゲンを撮ってみないと、硬くなった部分をどうにかできるかも
分からないとの事だった。
1時間ちょっと掛かるけど、連れて行く勇気は出てきた気がする。

でも、既往歴を見ながら女性の先生が提案してくれて、
近所の先生にコンタクトを取って、指示(?)をしてくれた。
先生同士、顔見知りで話しやすそうだった。

ただ、培養検査をしてレントゲンを撮るところまでは
どちらの病院も同じだけど、その後の治療方法は違うのか
確認したら、やっぱり違うって。
近所の先生は保守的だけど、今までと違う方法を取ってくれるのかな。
それが心配。

それと、私が他の病院にこっそり行った事がバレちゃったから
それも心配(笑)
ご機嫌悪くならないといいんだけど・・・。

女性の先生がすすきのの先生に紹介状を書いてもらって、
近所の先生に全部変えるように、アドバイスしてくれた。

すすきのの先生の薬の判断、すごいと思うので他の薬に
変えることが怖いけど、薬の成分も伝えてもらえるみたいなので。
どちらにしてもクラビットはもう効いてないから、
培養検査の結果でまた変えるんだろうな。
何か効く薬がありますように。


みおたんは今も気力はある
特に夜は私が居ると、年がら年中ガシガシして
部屋に出してあげると、ぴっとり私にくっついてくる。
こうしてPCに向かってると、膝の上でガシガシして怒ってる♪

ただ、もうふやかしペレはほとんど食べれなくなった。
バイタルチャージとペレでお団子を作ったら食べてくれたので、
またしばらくはお団子かな!

サラダ菜、チンゲン菜、小松菜はちゃんと食べれてる。
結構食べていて、1日にサラダ菜2個くらい!

鼻筋の膿袋からはまた膿が出てくるようになって、
3日間連続でうちで膿取りと洗浄できてる。
ただ、今朝は水分がほとんどだった。
溜まっていないって事だったらいいな。
あまり沢山の生理食塩水を入れると、鼻に流れてしまうみたいで
くしゃみしたり苦しそうになる。
やっぱり繋がってる。
今朝は私が窒息死させちゃったらどうしようと心配になった・・・。

牧草入れに乗っかったみおたん。
観葉植物にも興味なくなっちゃったけど、可愛かった。
みおたんにとっては、一生懸命な冒険だったのかな?

DSC_0300







































ぱふぃ海音ネイル♪
ぱふぃちゃん用の写シールは鼻が白かったので
茶色で塗りつぶした。そっくりで可愛い。

DSC_0313






















DSC_0307

良くない変化

またみおたんの膿瘍が変化した
最近ペレを食べれなくなってきたり、脚力がなくなったような
気がして心配だったので、昨日は先生に最近の様子を詳しく話した。
膿瘍が原因だったらまだいいけど、もしかしたら内臓にきてきまったかも
しれないとの事で、血液検査をしてくれた。

結果は想像とは違って、意外と良かった!
標準値よりも少し低い値のものもあったけど
ほぼ心配するところはないみたい。

体重は少し落ちて、1.96kg
でもまだ大丈夫だそうで・・・一体みおたんは何キロまでなら
落ちてもさほど心配いらないんだろう。
先生は「まだ痩せてはいない」って言ってるし。
今年の冬までは2.5~2.7kgあったんだけど。
今まで相当丸かったと言う事だね。
でも丸くて良かった。脂肪に余裕があって本当に良かった。

良くない変化は、膿が出なくなった事。
鼻筋の一番腫れている膿袋は水分が出てくるくらいで
膿が出てこなかった。
せっかく大き目に切開してもらったのに。
鼻のてっぺんは一昨日まで穴が空いていて、徐々に膿の量が
減ってた。
昨日はもう完全にふさがってしまったし、膿は出てこなそうだったので
何もしなかった。

膿が溜まらなくなったのならいいけど、そうじゃないだろうし。
鼻からはすぐに膿が出てきちゃう。
袋が皮膚の奥にいっちゃったと言うよりも、硬い皮膚が袋を
覆ってしまってるのかな?
それだと怖いなあ。

先生は
「膿瘍はたまにこういう現象になることがある」って言ってたけど、
また膿が出るようになるかは分からないそうで、
「可能性としてはある」って。
出てくれないと困る・・・。

目頭の下の袋からはまあまあ膿が出てきて、ぷっくりしたふくらみも
だいぶ落ち着いた。
でも、目はどんどん飛び出てる気がする。

ただ、柔らかい葉っぱは良く食べて、元気も出てきた。
トコトコ走るし、ガシガシもすごい!
毎晩夜中の1時から2時くらいに猛烈にガシガシして
アピールします。
部屋に出たいとか、ペレを食べたいとか、色んな意味があるみたいで、
もしかしてペレの催促だった場合はタイミング良くあげたいので、
一応毎回起きて部屋に出してるけど。
とにかく私は寝不足(笑)

でもね、こんな日がいつまで続いてくれるのか
分からないので頑張るzzz

部屋に出してあげると、私にべったりで、まるで小さいストーカーです。
可愛いストーカーだな
まるで昔のパフィーみたい。
膝に飛び乗ってきたり、とにかくくっついていたいみたい。

昨夜、病院から帰ってきた時のみおたん。
すごく辛そう。
病院で膿取りの最中も、いつになく嫌がってた。
この後は復活して、頑張って葉っぱ食べました。

DSC_0262

今朝の光景。
ドロドロご飯~薬タイムの休憩中。

DSC_0264







































DSC_0266

記事検索
livedoor プロフィール
月別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ