life with rabbit

1997年春生まれのミニうさぎ・パピーの思い出と、 2006年秋にお迎えしたぱふぃちゃん&みおたんとの記録、2014年3月にお迎えした まひなとの日常を綴っています。 楽しくて、嬉しくて、でも切なくもある私とうさ嬢たちとの記録です。

2012年11月

ずっと前のこと①

あたし、初めはお母さんとお父さんと兄弟いっぱいのおうちで
暮らしてたの。

ある日ね、お姉ちゃんがうちに来て人間のパパとママと
何かお話ししてたのね。
あたしみんなと一緒にお部屋中走って遊んでたの。
そしたら、そのお姉ちゃんがあたしを抱っこしようとしてね、
怖くって怖くってダッシュで逃げたの!!
おしりフリフリよ!

だけど捕まっちゃって、どこかに連れて行かれたの。
お外はゴトゴトゴトゴト言ってて、あたしはぶるぶる震えちゃったの。

いつものおうちじゃないところに着いてね、
バックから出してもらったら、茶色いちっちゃい子がいたの。

そしたら、その子があたしの事追いかけてきて
慌てて逃げたの。
もうあたし、ほんとに怖かったよ。

それからあたしの小さいお部屋があって、
そこでゆっくりしたり、広いお部屋に出してもらえたら
いっぱい探検したの。
あたしのにおいがないから、いっぱいいっぱい○してね、
なんか、新しいおうちが楽しくなってきたの♪
あの時のお姉ちゃんがakだったみたいよ。

茶色いちっちゃい子はいつもあたしの近くに居て、
なんかチョッカイ出してきてたよ。
時々あたしを追いかけてきて、ガブ!って噛み付くの・・・。
あたしだって負けてないんだから!
ガブ!ってやりかえしてたの。

akがいつも走って来て、助けてくれてたの。
その茶色いちっちゃい子がパフィーちゃんだったの。
あたしたち、大きくなってからはなかなかいい感じだったのよ。


2754055_359146939_1large


















2754055_359146941_1large

















2754055_359155016_1large

















11月28日 みおたん日記

あたしまた狭いお部屋に入れられてるの。
akおうちに居るんだから、出してくれればいいのに。
ずーっとakの事見てアピールしてるの。
ガシガシパンチだってしてるのに!
ひどいよ・・・。
あたしはね、akのお膝の上にいるだけでいいのに。
だけど、ちょっと出してくれてもすぐにお鼻いじられるの。
もーやなの!
お鼻詰まって苦しいのに、いじられたらもっとやなの!


みおたんお気に入りの場所のひとつ。
チェストの上の段を出すと、必ずここで落ち着きます。
きれいきれい中
DSC_1032







































病院の待合室にて。
診察が終わるとキャリーから顔を出して
私にしがみつこうとします。
名前呼ばれて支払を済ませて、もう帰れると言うのに
みおたんはなかなかキャリーの中に入りません。
もう帰れるのに、それじゃ帰れないよ~

DSC_1047





































ガシガシパンチするので、部屋に出しました。
少ししてから出てきた。
そして私と微妙な距離を取っています。
こっち来ていいんだよ、みおたん。

DSC_1049






































早くおいでよ~。
こんな姿いつまで見れるかな?

DSC_1048








































もう完全に自力で食べれなくなりました。
流動食でどうにかもってます。
○は少ないけど食べた分はちゃんと出ていると思います。
逆さま抱っこをすると、呼吸がすごく苦しそうになるので、
強制給餌の時、逆さま抱っこはやめました。
みおたんのご機嫌を伺って、休み休み食べさせてます。

鼻掃除したくてもひどく拒否します。
すごくイライラしているのが分かる。
私もイライラしてしまいます。
心の中で「それじゃー鼻詰まって死んじゃうよ!」って
思ってしまう・・・。
鼻の周りがカピカピです。

パピーが亡くなる前日だったか数日前だったか
もう忘れたけど、薬タイムをひどく拒否した時、
諦めに近い気持ちになった事がある。
「嫌なんだね。もう頑張らなくていいよ。」って思った。

でも、まだみおたんにはそうは思わない。
パピーは9歳、みんなに愛されて幸せだった。
みおたんはまだ6歳。相棒のパフィーがいなくなって
しまって、それから間もなく本格的な闘病生活に入った。
まだまだ幸せ感じて欲しい。
まだ足りない事がいっぱいある気がする。

だから、まだ頑張って欲しいし頑張ってくれる気がする。
酸素室生活なんて可哀想だけど。
せめて部屋で自由にできたらいいのに。
近所の先生が「本人がどうしたいかですよね。」と
言ってたけど、みおたんは私が居る時くらいは
私にくっついていたいかな?
呼吸は苦しくても。

みおたんへ

みおたん。
akみおたんがとっても大事な子だって事分かってる?
頑張ってくれててありがとうね。

お鼻も通らなくなって顎も腫れてきて。
食べたいのに食べれないね。
でも逆さま抱っこするといっぱい食べれるから
本当はお腹空いてるんだもんね。
怖い事ばっかりしてごめんね。
でも、みおたん、根に持たないですぐに忘れちゃうね。
みおたんがこんな子で助かるよ。
ほんとにみおたんはおっとりさんだね。

またゴロンできるようになったらいいね。
苦しいのに遠くからakのところに走ってきてくれるね。
可愛い子だね。

早くお薬効いて、また楽になろうね。
もうちょっと頑張れるよね、みおたん。




※今日の体重 2.24㌔




11月25日 みおたん日記

あたしご飯食べれなくなっちゃったの。
akが帰ってくると、ニンジン団子くれるからね、
akの近くで待ってて、いっぱい食べようと思ったのに
お口が痛くって食べれなかったの。

だからってね、いつもakはあたしが知らない怖い場所に
連れて行って、逆さま抱っこするのね。
ドロドロご飯いっぱい食べさせられてるの。
だけど、おいしいからちゃんといっぱい食べるけどね。

akが座ってる時はお膝の上に乗ってくつろいでるの。
ナデナデ待ってるのに、なかなかしてくれないから
ガシガシパンチするのよ。
あたしだけ見ててほしいの。


昨日、病院で体重を計ったら2.26㌔
少しずつ落ちてきてる。
気になっていた下顎の膿瘍を切開、洗浄してもらいました。
私は見ていなかったけど、ごっそり取れたみたい。
でも数分後には膿瘍の場所が腫れてきてた。
ぺったんこになってくれたら、また食べれるようになって
よだれも止まるかと思ったのに、そううまくはいかなかった。

流動食も食べさせてもらって、みおたんは嫌がらずに
一気食い^^
先生はそばにいた看護士さんに
「すごい食いっぷりだよ!」って♪
「ほら!一気食いだよー!はい、ごちそうさまでした^^」と♪

お腹空いてるし何気に流動食は美味しいから
たくさん食べれるんだね。
口が痛いから食べれないんだと思う。
夏に比べたら呼吸は安定しているので、
多分下顎の膿瘍が原因なんじゃないかと思う。

仕事を増やしてしまった矢先に、また悪化してしまって
心配だな。

次に病院行ってまた洗浄してもらえたら、
少しは治まるといいんだけど。

強い子

みおたんは本当に強い子です。

昨日、病院に行って熱を計ってもらったら微熱だったので
食べれない原因のひとつかもしれないとの事で
解熱剤をうってもらいました。
心配だったので、家でも飲ませられるようにメタカムを
出してもらった。
ネブライザーやった後も膿はあまり出てこなかった。
下顎の膿瘍が見る見る大きくなるので、先生も心配していて、
切開するかどうか迷いましたが、海音にとってどっちが良いのか
判断できなかったので、今回はやめておきました。

体重は減ってしまって、2.28㌔
自力ではほとんど食べれなくなったので、強制給餌しています。

今の抗生剤が残っている分(1週間ちょっと)続けても効果が出なかったら、
クラビットに戻してもらうようにお願いしようと思ってました。
でも、先生のやり方を否定しているみたいで失礼かな、とも
思っていて、言い出せるかどうか不安だった。
ところが先生からすぐにクラビットに戻そうと提案して
くださって、助かりました。
と言うか、私が少しは安心できた。
抗生剤がすべてではないと思うので、心から安心は
出来ないけど。

さすがに8月から増やした分量は出してもらえないだろうと
思っていたのに、先生は私が渡してある控え(メモ書き)を
確認して、その時と同じ分量を出してくれる事になりました!
「多めだけど、まだ行ける」との事だった。
先生の考えと私の希望がピッタリだなと思った☆

すぐに手配してくれて、今日の夕方に病院にクラビットを取りに行って
海音に飲ませた。
さっき、キッチンに居たら海音が足元で待ってる素振りをしたので、
すぐにニンジン団子を作ったら、モリモリ食べた!!
クラビット1回で効いたのかな?

今は膝に乗ってくつろいでいるので、少し元気も気力も
出てきたみたい。
あと2~3日で、呼吸が安定してきたら、下顎の膿瘍を
切開できるくらいになるかもしれない。
でも、やっぱり膿瘍はしつこくて嫌な病気なので、
さらに膿袋が増えて大きく膨らんでくると思う・・・。
ただもう今は下顎が膨らみすぎていて、食べれない原因に
なっているのかもしれないから。。。

今日はうちに友達二人が来てくれた。
前もって海音は具合が悪くなってしまっていると伝えておいた。

ところが、みんな海音を見て不思議に思ったみたい。

酸素室に入ってるって言うから、酸素マスクをあてて
ぐったり横たわって、げっそり痩せて毛並もボサボサなのかな?
と思ったら、なんて声かけてあげればいいのか悩んだ。って(笑)
そしたら真ん丸で毛並もツヤツヤじゃーん!と。

笑っていられるうちは幸せです。
みおたんは相当辛いけど、普通の人から見たら
健康みたい^^;

クラビットが効いたから少し食べれるようになったのかも
しれないけど、何よりも海音の生きようとする気力が
あるからだと思います。
頑張ろうとする気持ちが強いからだと思う。

ほんとに偉くて強い子。





記事検索
livedoor プロフィール
月別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ