life with rabbit

1997年春生まれのミニうさぎ・パピーの思い出と、 2006年秋にお迎えしたぱふぃちゃん&みおたんとの記録、2014年3月にお迎えした まひなとの日常を綴っています。 楽しくて、嬉しくて、でも切なくもある私とうさ嬢たちとの記録です。

2013年02月

memo

2月26日の深夜
ぱふぃちゃん
元気炸裂の頃
「あたし、短いなんて思ってないよ」

2月27日の深夜
みおたん
闘病中。私の上に乗っかって。
「パフィーちゃんが居て楽しかったの」
「ぱふぃちゃんがいなくなってからは?」
「・・・」




banner3にほんブログ村 うさぎブログへ

海音の月命日

電気代が先月の1/3だった。
酸素室の電気代が掛からなくなったから。

家に居てもくしゃみ鼻水が出なくなった。
うさぎアレルギーだけど、うさぎが家に居なくなっちゃったから。

海音はもう居ないんだなぁと実感する。
部屋を掃除器かけてから1週間過ぎた。
フローリングの隅に綿埃があって、良く見てみたら
海音のグレーの毛も一緒に紛れてた。
まだ海音の居た形跡が残っててほっとする。

去年の7月
酸素室からぱふぃちゃんの骨壺をじっと見てた。
ずーっとね。
お話ししてたのかな。


1342627811100





























海音に頂いたお花はほとんど枯れてしまったけど、
病院からいただいたお花の一部、白いバラはまだ咲いてる
でも、これが枯れちゃったらまた悲しくなるのかな。
お花が枯れる事がすごく悲しい。

自分でフラワーアレンジメント風にお花を生けてみました

DSC_1529







































ブリザードフラワーレッスンと言うのを見つけたので、
来月の海音の49日に間に合うように習ってきます。
ぱふぃ海音に似合うお花をオーダー出来るので、
すごく可愛く作ってこよう!!
ブリザードフラワーなら枯れないし。

今朝、出かける前ギリギリに位牌を受け取る事ができました。
ぱふぃ海音はお揃いです。
ぱふぃの位牌が汚れているのは、みおたんが良くチョッカイ
出してたから。
ぱふぃのお皿のペレや葉っぱを食べたり、位牌や写真立てを
倒したりしてたね。
その時に鼻水(膿)がくっついたみたい。
みおたんが居てくれた証しなので、拭かずにこのままです。

DSC_1530






















「ごめんね」ばっかりじゃ海音だってパフィーだって
イヤだよね?
ありがとうね。
頑張ってくれてありがとうね。
ガシガシパンチしてたんだから、ずっと部屋に出して
あげていれば良かった・・・。
一晩中ずっと一緒に寝てれば良かった。
やっぱり、ごめんねになっちゃうよ。



banner3にほんブログ村 うさぎブログへ


お世話になった先生たち

なんだか弱音吐きブログになってしまっていますが、
ご覧いただきありがとうございます。
拍手もありがとうございます。

少しはお役に立てるかな、と思い神奈川県でうさぎを診れる
先生方の事を残しておこうと思います。
また、先生方への感謝の気持ちを込めて。

パフィーが亡くなってから、海音を何軒もの病院に連れて行きました。
不正交合からきた下顎と鼻筋の膿瘍の治療の為です。
どちらの病院も院長先生に診ていただいていました。


すすきの動物病院
神奈川県横浜市青葉区
いくつかの病院で、もう診てあげられないと言われましたが、
院長先生は「まだ出来る事はあるから、やってみる価値はある。
考えている時間はない。」とおっしゃって、抗生剤を替えて
点鼻をして、3週間ほどで海音の呼吸が楽になりました。
呼吸がうまくできない海音だったので、3週間は自宅での
投薬だけでしたが、電話で相談し的確な指示をいただけました。
その後携帯酸素を使って通院できるまでに回復しました。
薬を郵送していただく際には、スタッフの女性からの手紙が
同封されていて、読むたびに病院の皆様の温かい気持ちを感じました。
先生の前向きな治療と薬選びの判断は的確で凄いと思いました。
うさぎさんを診ている数からして、先生自身の「勘」が鋭いと感じました。
パピー(一代目うさ)の頃からお世話になっており、その頃も
前向きな治療方針でした。

シンシア動物病院
神奈川県綾瀬市
とにかく、洗浄と切開が丁寧で手先が器用です。
いつも「海音さん」と優しく話してくださいました。
海音の病状や家での様子を伝えると、ひとつひとつに誠意を持って
答えてくださると言う印象で、インフォームドコンセントの面でも
素晴らしいと思います。
院長先生は○ち動物病院のY氏の元で働いていた時期も
ありますが、処置前後のうさぎのケアも万全で、
Y氏の「頭数をこなす経営方針」とは真逆と言えます。
一人一人の仔に十分な診察時間を取ってくださいます。
正直、彼の元で働いていたので不安はありましたが、
知人から言われた言葉で、この先生に診ていただこうと
思いました。
「部下は上司の良くない面を良く知っているから、絶対に同じ事はしないよ。
その面ではある意味信頼できるんじゃない?」と。
本当にその通りだと思いました。

マーズペットクリニック
神奈川県鎌倉市
院長先生もスタッフの皆様も全員女性で、明るい雰囲気です。
上記の先生方ほどはうさぎを診れる事で有名ではないかもしれません。
ですが、無麻酔での治療がほとんどで、治療後の海音のケアも
きめ細かく親切でした。
休診日でも海音を心配して、事前に予約診療をしてくださいました。
歯の治療はタービンを使います。ニッパーではありません。
(ニッパーはエキゾチックペット研究会では歯根が曲がり膿瘍になる
 確率が高くなるので、使用不可とされているそうです。
 ~エキ研の役員の先生のお話より~)
切開の時は局所麻酔で、切開した部分にビーズ(抗生剤)を
入れてくださいます。
鼻の通りを良くするために、毎回ネブライザーをしていただいていました。
食事指導も厳しく、我が子に甘くなってしまう私にとっては
ありがたかったです。
つくづく、元気な頃からきめ細かい飼育指導をしてくださる先生に
診ていただいていれば良かったと後悔しました。
後半は通院の度に強制給餌をしていただいていました。
「海音ちゃーん!ご飯ですよー!」と診察室の奥の方から
呼んでくださり、家族のような雰囲気で暖かい気持ちになれました。

可愛動物物病院
神奈川県横浜市青葉区
まだ前向きな治療をしてほしいと強く思っていた頃に数回お世話になりました。
初日にレントゲンを撮って、即座に治療方針を説明してくださいました。
お腹の動きが良くなったら、全身麻酔で膿瘍を全摘出してくださる事に
なっていましたが、お腹はともかくとしてやはり海音の呼吸は良くならず、
全身麻酔は不可能でした。
先生の説明はとても理論的で素人にも分かりやすく、信頼できる先生です。
うさぎ専門ではありませんが、マーズの院長先生同様、十分にうさぎさんを
お任せできる先生です。

エキゾチックペットクリニック
神奈川県相模原市
言わずと知れた有名な先生です。
院長先生に「何もしない事が一番延命になる」と言われた事で、
私の中で諦めが付きました。良い意味でです。
可愛の先生同様、理論的に説明してくださいます。
とにかく説得力があります。
余談ですが
「犬や猫にも膿瘍ってあるんですか?」と聞いた時、
「診たことないから知らない」とおっしゃっていて(笑)
本当にエキゾチック専門医なんだなぁと思いました。
何か腑に落ちない点がある時は、スポット的にでも
こちらの先生に診ていただくと、納得できるかもしれません。


海音の場合は上手く呼吸が出来なかったので、遠方まで通う事が
出来なくなりました。
闘病生活の途中までは、全身麻酔で膿瘍全摘出してくれる
先生を探していました。
ですが、最終的に家から近くて、先生の治療方針に納得できたので
一つの病院に落ち着きました。
「この子の持っている機能を最大限に生かして、
少しでも長生きできるようにお手伝いする事しか出来ない。」
と聞いたのが、ついこの間のようにも、
もう何年も前のことのようにも感じます。

私の病院に対する希望はうさぎの医学上無理があり、
診ていただいた院長先生方に不快な思いを
させてしまった事もありました。
ですが、私は先生方に心から感謝しています。
その都度、最善を尽くしてくださりありがとうございました。
またいつか、うさぎと暮らせるようになった時は
お世話になりたいと思える先生方ばかりです。
ありがとうございました。


2009年1月
後ろ足に注目です
サークルに引っ掛けてお行儀悪い海音さん。
人間ぽいなーと笑っていた事も、ついこの間だった気がする。
b31069e8















banner3にほんブログ村 うさぎブログへ

ぱふぃ海音

パピーが亡くなった時は本気で
「生まれ変わってまた私に会いに来てくれる」
と思ってた^^;

今もそう思いたいけど。
ある人に言われた。
「魂なんて科学的に立証されていない。」
「死んだら”無”になる。」

じゃあ、霊感が強い人はどうなの?
「幻覚が見えてしまう病気だ。」ときた。
思わず笑っちゃった・・・(苦笑)

アニマルセラピーとかアニマルコミュニケーションは?
亡くなった動物と交信できる人たちは?
「人の弱みに漬け込む悪徳商法だ。」

んー。理系的な考え方。
言ってる事は分かる気もするけど、多分アニマルコミュニケーターの
人たちは人をだましてお金を稼ごうなんて思っていないと思うけど。
霊感強い友達も、多分本当に見えてるんだと思うけど。

この話を聞いたからって訳ではないけど、
ぱふぃ海音の生まれ変わりを探そうとは思えない
幸せにしてあげる自信がないのも理由だし。
パフィーか海音のどちらかだったら・・・とか思ったり。
でもまさか二人揃って、また私に会いに来てくれるなんて
ありえないだろうし。

とか言いながら、ちょこちょこペットショップに行ったり、
里親募集サイトを眺めたり。
そして、似てる子を見かけるとお誕生日をチェックして
逆算してみたり・・・。
ショップでは私に猛烈アピールしてくる子は今のところいないな。
ぱふぃちゃんのあの猛烈アピールは凄かったなーと
思い出しては苦しくなって。

うさちゃんを亡くしてしまった飼い主さんのブログを
読んだり。亡くなった子が5~6歳だと、ぱふぃ海音が特別に
短命だったわけじゃないんだから。と言い聞かせたり。

でも・・やっぱりうちに来なければもっと長生きできていたはず
と思ってまた苦しくなり。
○ち動物病院になんて行っていたからもう死んじゃったんだし。

頭が痛い。
『目に見えないもの』を否定されつつも、
少しでも前進したいので、うさ友さんお勧めの
『永遠の贈り物』と言うアニマルコミュニケーションの
本を読み始めた。
でも、どこにも『医療ミスで亡くなってしまった動物』からの
メッセージは書かれていなそうだけど。

読み終わる頃には何か得られるのかな?
お嬢たちが居てくれた6年間や亡くなってしまった事実に
何の意味があるのか、気づけるのかな?
何かに気づきなさいって言う、どこかからのメッセージが
あるとしたら、それを知りたい。

動物と交信できる人じゃなくても、飼い主なら動物の
気持ちが分かるはず、とも言われた。
生きてる頃のぱふぃ海音の気持ちなら大体わかってたけど。
「それならそれが一番正しい。飼い主が一番動物の
気持ちを理解してる。」と言ってた。

274976560_202
















うちに来たばかりの頃。
お澄まししてるのに、胸元には○つけてます^^







274976560_190
















先に居たぱふぃちゃんに攻撃されながらも
立ち向かってたみおたん。
ぱふぃちゃん同様、あっと言う間にうちに慣れて
楽しそうだった♪

ぱふぃちゃんはみおたんにケンカ売るくせに
みおたんも気が強く体は大きいので、
ぱふぃちゃんは負けてしまいます。
でも懲りずにケンカ売ってました^^

そんな二人も、気付いたら良くお話しする仲に
なっていました。。。



お嬢たちは私の事を大好きだった。
二人は深い絆の家族だった。
幸せだっただろうと思うけど、もっともっと私からの
愛情が欲しかったように思う。
まだまだ足りてなかった。
10年一緒に居れると思っていたし、今は忙しいけど
そのうちもっと時間取れるからね、と思ってた。
でも・・・何でも先送りにしたらいけないんだな。
今を大事にしないといけないって事は分かった。

ごめんね。

謝ってもお嬢たちは私に怒ってなんていないのも
分かってるけど。




ずっと前のこと④

みおたんらしく、ゆっくり口調で読んでください

あたしたちがまだ元気な頃ね、パフィーちゃんが
帰ってこない日があったの。
それで、akもいなくなっちゃって一人でお留守番してたのね。
サークルガシガシしてたら、ちょっと隙間が空いて
広いお部屋に出れたの!
あたしドキドキしたけど、楽しくって楽しくって
いっぱい探検してたの。
大きな葉っぱが生えてて、ちょっと食べてみたの!
(観葉植物。笑)
齧るところもいっぱいあったよ。

akたちとパフィーちゃんが帰ってきてね、
あたしすごい怒られちゃったの。

2008年12月13日 ぱふぃちゃん避妊手術後の日記



それはそうとね、パフィーちゃんが元気なくって
akはずっとパフィーちゃんの事見てたの。
なんか二人共、様子がおかしかったよ。
あたし心配で心配で、ずっとパフィーちゃん見てたの。
大丈夫?どうしたの?ねえ、パフィーちゃん。

ぱふぃちゃんが退院した時の日記


c93060dc














4d982c73
























パフィーは避妊手術後、しばらく具合が悪く、
みおたんはずっとパフィーを心配していました。


2754055_359269394_1large























2754055_359269395_1large























いつもあたしに威張ってたパフィーちゃんがね、
元気なくて心配だったの。
いつもパフィーちゃんから話しかけてきたのに、
あたしのことしらんぷりなのも変だったの。

でもいつの間にか、また元気で威張りんぼなパフィーちゃんに
なったよ!
それであたしたち、また毎日一緒にお留守番してたの。


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

二人のコンビは可愛かった。
部屋で一緒に遊ぶ事はできなかったけど、
私とお嬢たちよりも、もしかしたらお嬢二人の絆の方が
深かったのかな?
私と一緒の時間よりも、二人はもっと多くの時間を
一緒に過ごしていたんだもんね。

海音は優しい子でした。
でも、パフィーも海音が手術した直後は心配そうに、
不思議そうに、一生懸命話しかけてました^^

絶対いつも二人でお話ししてたよ。

パフィーが亡くなってから「お嬢たち」ではなくなっちゃったんだな、と
悲しかったけど、今はまた「お嬢たち」になった。
悲しいけど少し救われるような気がしてます。


banner3にほんブログ村 うさぎブログへ




記事検索
livedoor プロフィール
月別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ