life with rabbit

1997年春生まれのミニうさぎ・パピーの思い出と、 2006年秋にお迎えしたぱふぃちゃん&みおたんとの記録、2014年3月にお迎えした まひなとの日常を綴っています。 楽しくて、嬉しくて、でも切なくもある私とうさ嬢たちとの記録です。

2013年06月

海音 5ヶ月か。

23日は海音の月命日。
昨日は眠くてblog書かずに寝ちゃった。

去年の6月23日
ちょうど1年前のみおたんです。
4月後半から5月いっぱいは具合が良かったけど
この頃は膿瘍が大きくなって、苦しそうだった。
それなのに、頑張ってふやかしペレ食べてます。
まだ丸々してるしね^^

DSC_0028_20120623







































7月3日
ガシガシパンチの瞬間!
この頃はお得意のガシガシパンチを覚えたばかりの頃♪
気合入ってます!


DSC_0145_20120703







































最初に「ガシガシ!」の音を聞いた時は、みおたんは酸素室に居ても
苦しくて辛くて死んじゃいそうで私を呼んだのかと思った^^;
「助けて!」って。
すぐに「出せー!」ってアピールしていたと分かりましたが。
ガシガシパンチすれば、広いお部屋に出してもらえると
分かってからは、すごく頻繁だった。
「さっき出てたでしょ」と言うくらいに。
可愛かったな~~。
たまに「ドドドドドド!」と、うさちゃんのパンチとは思えないくらいの
爆音がしてた

最初に「ドドドドドド!」を聞いた時は、発作でも起こしてしまったかと
思って、ダッシュで酸素室に向かったっけ。


本格的な闘病生活約10ヶ月。
みおたんにとってはどのくらいの年月だったんだろうね。
写真を見ると、どんどん小さくなって表情も辛そうになって
いってたのが分かる。

まだ
あの時こうしていれば。
あんな事しなくて良かったのに。
と、後悔の気持ちがグルグル回ってる。

ごめんね。
でもありがとう。自慢の子なんだ。


banner3にほんブログ村 うさぎブログへ

1年4ヶ月

2011年11月のぱふぃちゃん。
チンゲン菜を持ってあげたら、いい子に食べてました。

NEC_0851






































狭いところで寛いでます。
すごいお腹・・・。肥満だな^^;

NEC_0860






































2011年11月には、ぱふぃちゃんはすでに下痢をしていました。
例の病院に通ってプリンペランミックスを
飲ませていたしたが、一向に改善せず、
挙句の果てに
「薬を飲ませても○○さんがぱっとしないなら
 やめちゃいましょう!」
だって(呆)

「岩のりう○ちをする時は、難しい顔をしていると思います。
 だから”難便”と言います。 
 体の中のいらないものを出してるんです。」
だって(苦笑)

パフィーが亡くなって冷静に考えると、○ちがあまりにもおかしな事を
言っていた事にすぐ気づきました・・・。 

なんであの頃に、セカンドオピニオンを探さなかったんだ。
と今でも自分を責めてる。

某うさぎ専門店のHPより抜粋します。

ふんが柔らかい
液状の便
通常ならば丸く固いフンが、ベチョーッと軟らかい時は胃腸の不調の兆候。
特に水状の便はとても心配。軟便が2週間に一回以下なら普通。
2~3日に一回以上なら多い。液状のゲリ便は危険。
ゲリは単純な消化不良や食べ過ぎ、偏った食事
および細菌や毛玉が原因で発生します。
2日以上続くのは危険。早めに診療を受けましょう。



パフィーは2011年10月から軟便をし始めました。
その当時から○ち動物病院に相談し、診察を受けていましたが、
2012年2月に亡くなりました。
○ち曰く『岩のりう○ち』を頻繁に約4ヶ月していました・・・。
ダメな飼い主です。

信じる事は恐ろしい事でもあります。

彼は「夏だからダイエットはやめましょう。冬だからダイエットはやめましょう。」
が口癖です。
我が子が大事なら信じないでください。
お願いだから。



banner3にほんブログ村 うさぎブログへ

記事検索
livedoor プロフィール
月別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ