life with rabbit

1997年春生まれのミニうさぎ・パピーの思い出と、 2006年秋にお迎えしたぱふぃちゃん&みおたんとの記録、2014年3月にお迎えした まひなとの日常を綴っています。 楽しくて、嬉しくて、でも切なくもある私とうさ嬢たちとの記録です。

2013年11月

10ヶ月

11月23日も忙しかった。
前回の満月もすごくきれいだった
みおたん、ぱふぃちゃん。
いつも満月見てるよ。

海音が亡くなってから間もなく、うちのモンステラの葉っぱが
生えてきて、全部葉っぱが広がったと思ったら
変形してしまってた。
なぜか、なんとなくみおたんはまだ闘病の疲れが取れて
いないのかなと思った。
その後、生えてくる新しい葉っぱは生き生きしていて
今までになく大きな葉っぱに成長してる
みおたんが亡くなってから、もう4枚目の葉っぱが大きく
広がって、5枚目6枚目も生えてきた
みおたんもすっかり元気になって、ぱふぃちゃんと
お話ししてるのかな?
と思ってます。

2010年6月20日
あら、可愛い
眠そうねzzz

NEC_0065




















あんよはこんなでした

NEC_0066



















また前から見てみたら。。
この子、寝ちゃってるよ~
この写真はすごくみおたんらしい。


NEC_0067



















みおたん、これからもいっぱいモンステラの葉っぱ
生やしてね!


banner3にほんブログ村 うさぎブログへ

ぱふぃちゃん

11月11日で1年9ヶ月。
早いな~。もうパフィーと会えなくなって
1年9ヶ月も経つなんて。

同じ子はいないと分かっていても、
またあの頃みたいにぱふぃ海音と暮らしたいな。
戻れるわけないのも分かってるけど。

あんな病院に行っていなければ良かった。
そもそもの過ち。

うさぎの頭数をこなせば良いと言う
経営方針の動物病院には絶対に行かないでください。
我が子が大切なら。

死因の説明もろくに出来ない。
何度電話をしても、居留守を使うような獣医には
我が子を触らせないでください。
普段は何度も電話連絡で指示をしていたわりに
「異物が鼻から喉に詰まっちゃったかも。覚悟してください。
 3時間以内にパフィーちゃんは死んでしまいます。」
と言った翌朝から音信不通。


2007年1月
まだ幼いぱふぃちゃん
良くペロペロしてくれる子でした。


e9ab5de6[1]

















5611a590[1]


















1094f34d[1]



















banner3にほんブログ村 うさぎブログへ
記事検索
livedoor プロフィール
月別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ