当ブログは2005年から始めた、うさぎの飼い主と
うさぎたちとの楽しい記録でした。
ところが、2012年2月、獣医師の医療ミスによりうさぎが1羽
亡くなりました。
2013年1月に膿瘍で亡くなったうさぎは、約2年間
○ち動物病院に通い、獣医師曰く【原因不明のくしゃみ】と
不正交合の治療をしていましたが、
不正交合の原因はその獣医師が不適切な方法で
奥歯を切ったためである事が分かりました。
このような事があっても良いのでしょうか?
うさぎの医学はまだ解明されていません。
独自のやり方でミスを繰り返し、うさぎの寿命を縮めている
獣医師がいます。
ただし、うさぎの医学は難しく、まだ解明されていないが為に
多くのうさぎの飼い主さんたちはその行為を疑う事すらしません。
セカンドオピニオンは必ず必要です。
可能であれば
エキゾチックペット研究会の幹部の
先生たちに診てもらうなり相談するなりする事をお勧めします。
この不正な獣医師はエキゾチックペット研究会に所属
しながらも幹部の先生たちから批判されているそうです。

念の為、残しますが知人が動物の医療機器メーカーに
勤務しているので、エキゾの治療方法、その他詳しい情報を
直接聞く事ができます。
知人は日本でも名の知れたうさぎを診れる動物病院の
院長先生方の手術にも立ち会っていますし、学会にも顔を出させて
いただいていたそうです。

パフィーが亡くなる3時間前の病院での出来事⇒ 2012年4月18日の記事
  
一連の出来事の記録⇒ 
○ち動物病院医療ミス・医療過誤
海音の不正交合の原因⇒ 海音の不正交合



banner3 にほんブログ村 うさぎブログへ
にほんブログ村